portfolioに一枚追加

神田

秋葉原で久しぶりに中古レンズ見物に寄った際に、ヨドバシのカメラ売り場に立ち寄ると、キヤノン・ニコンボディでいろいろな交換レンズを試すことができるブースがありました。「ほほぉ」と思い、キヤノンブースに行くと、135/2.0とか憧れのレンズは既に試している人がいたりします。次にニコンのほうへ行くと一台だけプラナー50/1.4のついたボディが空いていたので、手に取ってファインダーを覗いてみました。MF撮影はNEXでしかしていないので、ファインダーを覗くとやはり安定感が違うなぁ・・・と思いつつ、ピントリングを回しました。

「!!!!!」

えぇ、このくらいビックリしましたとも。
何に驚いたかというと、そのピントの山のつかみやすさです。店内で撮ることのできるものは限定的であることを差し引いても、MFで感じるストレスをあまり感じませんでした。当然、お試し機なのでメモリーカードなんぞは入っていませんが、そのままあっちに向けパシャ、こっちに向けパシャ、おっと綺麗なお姉さん!パシャ!みたいな感じで何回もシャッター切りまくりました。

いやぁ、ボディ内手振れ補正とか、バリアングルやティルト、フォーカスアシスト機能とか、これまでボディ選びの際に有る無しを気にしていたものが全部吹き飛びそうな気がしました。思えばFマウントレンズは3本あるのに、ニコンボディを持っていない私・・・ちょっとツァイスレンズ&ニコンボディも考えてみようかな・・・。

今度はキヤノンの135/2.0とかいじりにいってみよう・・・

gaze

gaze

私にとっては馴染みの顔であっても、この猫さんにとって私は危険な敵だ。
しっかりと距離を取り、まだ小さな体で精いっぱい私を睨め付ける。

この距離は別に縮まなくともよい。警戒心は維持してほしい。

・・・私のほうがより長いレンズを使うから(笑)

ひととき

ひととき

明暗無明(3PIC)

明暗

ぱっと見た瞬間に「かわいい」「きれい」「うつくしい」「こわい」「ぶきみ」といった感情がストレートに湧いてくる写真も好きなのでですが、個人的には一種の不安定さや、どことなくいごこちの悪さを感じつつも目を離すことができないような写真や絵画にも憧れています。そういう写真も撮りたいな・・・と精進しようと思いつつもまだまだ道半ば。

佇む日々

佇む日々

© Copyright nowhere land - Theme by Pexeto