神田のある母子の記憶 その2

神田のある母子の記憶

そして、逃げられることを覚悟しつつ接近するものの、
子猫は少し居場所を変えただけで逃げなかった。
ただ、接近を許さない刺すような視線は変わらない。

(続く)


you might like this
十条十条
あくびのある風景あくびのある風景
繁華街の朝繁華街の朝
いつかまた会える日までいつかまた会える日まで