神田のある母子の記憶 その3

神田のある母子の記憶

警戒心満々の視線を外しながら、そろりそろりと正面に回る。
そして逃げなかった理由が判明した。
右の後ろ足が不自然に前の方向に向いている。
どうやらこの子猫は足が悪いのだ。

痛がっている様子はない。
過去に骨折し、そのまま固まってしまったのかもしれない。
先天性のものなのかもしれない。確かめるすべはない。
しかしその視線は大きな人間に負けてはいないし、
普段は生命を預けているであろう左前足は力強く撓み、
いつでも地面を蹴ることができる体勢だ。

(続く)


you might like this
gazegaze
佇む日々佇む日々
人形町東京猫景 人形町
z-IMGP1824白き花